【Excel関数】重複をのぞいて並べる(リストを作る)

最終更新日:2020年5月9日

データの重複をのぞき、並べてリストを作りたい!

 

例えば、このようなリスト(図1)から顧客リスト(図2)を作成したいとします。

(図1) ⇒ (図2)

 

Excelには「データツール」の重複削除機能(図3)を使って重複を削除する方法があります。

(図3)

こちらを使って別途リストを使うのも良いです。

 

 

今回は関数だけを使って重複を判定し、

リスト化するという方法を書いていきます。

作業列がいくつか必要になりますが覚えておくと便利です。

 

memo

① 重複しているデータを判定する(作業列1)

COUNTIFを使ってリストの中で登場する回数を求めます。

=COUNTIF($E$4:E4,E4)

 

② 登場回数が1回目の顧客にフラグ「1」をたてる(作業列2)

①で初回に登場したとき(1だった場合)にIFを使って「1」をたてます。

=IF(H4=1,1,0)

 

③ リスト化するためにナンバーをつけます(作業列2)

②で立てたフラグを上から順番にSUMしていきます。

=SUM($I$4:I4)

 

④ INDEX×MATCH関数でナンバーをつけたものをとる

INDEX×MATCH関数は同じものがあった場合、

一番上のものを取ってきますのでナンバーが重複していても問題ありません

=INDEX($E$4:$E$25,MATCH(L4,$J$4:$J$25,0))

INDEX×MATCH関数の使い方はこちらで詳しく説明しています↓

【Excel関数】INDEX関数&MATCH関数(vlookupの代わり)

 

また、作業列を少しでも減らしたい場合は、

作業列1と作業列2をまとめることも可能です。

 

=IF(COUNTIF($E$4:E4,E4)=1,1,0)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *