【Excel関数】フィルタで選んだデータを表示する

最終更新日:2020年5月10日

フィルタで選んだデータを表示する方法!

 

データを絞り込むときに使うフィルタ。

フィルタをで選んだ条件を別セルに表示したいときに使用する関数について書いていきます。

下記の場合は、選んだ部署をフィルタ条件⇒に表示します。

(図1)(図2)

memo

=IF(COUNTA(C$6:C$50)=SUBTOTAL(3,C$6:C$50),””,INDEX(C$6:C$50,SUBTOTAL(4,$B$6:$B$50)))

 

【数式の解説】

=IF(COUNTA(C$6:C$50)=SUBTOTAL(3,C$6:C$50),””,INDEX(C$6:C$50,SUBTOTAL(4,$B$6:$B$50)))

①COUNTA(C$6:C$50)=SUBTOTAL(3,C$6:C$50)

⇒まずCOUNTAで全体の件数を数えて、

SUBTOTALの区分「3」のCOUNTAでフィルタで絞り込んだときのデータの件数を数えています。

②INDEX(C$6:C$50,SUBTOTAL(4,$B$6:$B$50))

⇒SUBTOTALの区分「4」のMAXでB列のMAX値を取得し、INDEXでそれに対応する部署を取得しています。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *