【Excel関数】フィルタした件数を数えたい

最終更新日:2020年5月10日

フィルタした件数を数えたい!COUNTとSUBTOTALの違い

 

データの件数を数えるとき、COUNTやCOUNTIS、COUNTAなどを使いますよね。(図1)

だけど、フィルタしたときも範囲内のデータを全部数えてしまいます。(図2)

セルB3の関数:=COUNTA($A$6:$A$200)

(図1)(図2)

 

こんなときは、SUBTOTALを使うと便利です。

 

memo

SUBTOTALの区分「103」を使います。

 

セルC3:=SUBTOTAL(103,$A$6:$A$20)

 

この103の区分を使うと、次のようになります。

B2のCOUNTAだとフィルタをしても全件数えてしまっているのに対し、

フィルタした件数だけを数えることができます。

あまりなじみのない区分「103」ですが覚えておくと便利ですね。

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *