【Excel関数】データ入力規則のリストに空白を表示しない方法(OFFSET関数)

最終更新日:2020年5月16日

データ入力規則のリストの空白を表示させたくない!

 

データ入力規則のリストって便利だからよく使いますよね。

通常は、下記のように設定します。

 

でもこのリストの空白・・・邪魔ですよね。見た目もあまりよくない。

ほんとうはこんな風になって欲しいですよね。

 

MEMO

OFFSET関数を使うと、空白をのぞいたリストを出すことができます。

リストの元の値に以下のように入力します。

 

=OFFSET($E$5,0,0,10-COUNTBLANK($E$5:$E$14))

10となっているのは、全リストのセルの個数がここでは10となっているためです。

そこから空白になっているセルの個数を数えてデータがいくつあるかを求めます。

OFFSETによって、セルE5を起点として、いくつ下の行まで範囲とするかを求めています。

 

 

 

 

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *